2016年10月10日月曜日

智也くんの奇跡と息子の初登山(院長)

こんばんは~! 院長の日比です。

先日、息子を初登山に連れて行きました。

初心者でも比較的容易な山でしたが、往復で3-4時間かかるとのことで、正直不安でした。

普段からすぐに、「疲れた・・・」 「休もう・・・」と言うことが多いので、相当な覚悟を持って臨みました。

きっかけは、以前担当していた患者さんからのお便りです。患者さんからはいつも実に多くのことを学びます。

今、院内の壁に貼ってある「智也くんからのお便り」ですが、さらに続編が届きました。

長柄くんは生まれつきの重病で、将来は歩行はもちろん、立つこともできないだろうと言われていました。。。退院したときは鼻に通したチューブから栄養をとり、酸素が必要でした。


ところが、ご両親はあきらめず、普通の学校に通い、周囲のサポートもみのり、


こんなに元気な姿を届けてくれました。
退院当時の状況をしっている僕からみたら、本当に奇跡です!

智也くんに負けちゃおれんよ!ということで前から考えていた息子の山登り初挑戦でした。

絶対に「疲れた」と言わない事を約束したにもかかわらず、
始まってすぐに「つか・・・」と言いだしそうな場面に何度も遭遇。。。

「つかまえた!って言おうとした」という苦しい言い訳を見逃しつつ、、、



まだ、挑戦早かったかな?と思いつつも、

すれ違うたくさんの方々から「こんにちは!」「えらいね!」「頑張れ!」と息子は励まされ

「お父さんの方はリュックのチャックが開いてますよ~」と突っ込みもいれられつつ、、

何とか、、

登頂成功!

できました。。

下山は調子に乗って走っては転びの連続でしたが、
登ってくるこども達に向かってえらそうに「こんにちは!頑張れ!」と言っていました。。。

そして、名言が飛び出します。

「こんにちは!って言うといい雰囲気になって気持ちいいね~」

なるほどなるほど、こちらもいい勉強をさせてもらいました。

けど、眠いわ、あちこち痛いわで、明日から仕事に戻れるかしら?


(智也くんについては、院内でも詳しく紹介していきます。)










0 件のコメント:

コメントを投稿